GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

平成元年創刊 ウィーン現地オリジナル取材と編集「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」編集長が綴る

Viennale 2019

今年のウィーン国際映画祭「ヴィエンナーレ」は10月24日から11月6日まで開催される。今日の最初のプログラム発表では、メインプログラムのほか、Angela Schanelec、Pierre Creton、Ala Eddine Slim などの監督作品、ブラジル映画特集、オーストリア映画博物館と共同でパルチザン映画特集など多彩。10月15日の記者会見で最終プログラムが発表され、10月19日10時からチケット発売となる。

gekkan-wienDSCN2958.jpg
Eva Sangiorgi, Viennale-Direktorin

gekkan-wienDSCN2963.jpg
Michael Loebenstein, Filmmuseum-Direktor

gekkan-wienDSCN2961.jpg

PageTop

Grafenegg Festival

グラフェネック・フェスティヴァルのオープニングが、気温が16℃まで低下した今晩、野外で開催された。ルツィカ作曲のファンファーレで始まり、サラ・チャン(ヴァイオリンと指揮)とトーンキュンストラー・オーケストラの弦楽によるヴィヴァルディ作曲の四季、佐渡裕指揮で、トーンキュンストラー・オーケストラ、ヴィーナー・ジングフェライン合唱団、カミラ・ニルンド(ソプラノ)によるメンデルスゾーン作曲のソプラノと混声合唱とオーケストラのための「主よ、我が願いを聞き給え」、ストラヴィンスキー作曲の合唱とオーケストラのための「詩篇交響曲」が演奏され喝采を浴びた。

gekkan-wienDSCN2950.jpg

gekkan-wienDSCN2934.jpg

gekkan-wienDSCN2943.jpg

gekkan-wienDSCN2941.jpg



gekkan-wienDSCN2928.jpg

gekkan-wienDSCN2929_20190817082924622.jpg

gekkan-wienDSCN2930.jpg

gekkan-wienDSCN2931.jpg




gekkan-wienDSCN2920.jpg

gekkan-wienDSCN2922.jpg

gekkan-wienDSCN2924.jpg

gekkan-wienDSCN2925.jpg

PageTop

Tiger

シェーンブルン動物園ではトラの赤ちゃん2頭を当局の要請で飼育している。ウィーンの隣の州の個人の家で生後数日のトラの子が発見され、当局が保護した。1週間前から動物飼育のベテランのアンドレアス・エーダーさんが24時間体制で、2~3時間毎にミルクを与え、消化が良くなるよう湿ったタオルでおなかをマッサージしたりして、母親代わりに世話をしている。おかげで2頭の発育は順調で、鼻からしっぽの先まで(身長)62㎝。動物園での飼育がいつまで続くかは当局が決める。

gekkan-wienPA_Tiger1_201908170750490c5.jpg

gekkan-wienPA_Tiger2_201908170750508a0.jpg

gekkan-wienPA_Tiger3_20190817075052937.jpg

gekkan-wienPA_Tiger4.jpg
Tierpfleger Andreas Eder

gekkan-wienPA_Tiger5.jpg
Fotos: Daniel Zupanc

PageTop

Marimba Maximal

グラフェネック・サマーコンサートの最終日の今晩は雨のため野外でなく室内コンサートとなった。佐渡裕指揮でトーンキュンストラー・オーケストラ、マリンバのウェーヴ・カルテット(ボクタン・バカヌ、クリストフ・シッシェン、内山詠美子、ヴラディミル・ペトロフ)が、セジュルネ(4つのマリンバとオーケストラのための「ゴタン・コンチェルト」)およびドルマン(打楽器協奏曲「スパイス、香水、毒素!」4つのマリンバ版)を、オーケストラはチャイコフスキー(イタリア奇想曲op.45)などを演奏し、盛大な拍手喝さいを浴びた。

gekkan-wienDSCN2895.jpg

gekkan-wienDSCN2898.jpg

gekkan-wienDSCN2900.jpg

gekkan-wienDSCN2906_20190811074622806.jpg

gekkan-wienDSCN2907.jpg

gekkan-wienDSCN2910_20190811074625f78.jpg

gekkan-wienDSCN2911.jpg

PageTop

Hiroshima Tag

米軍が広島と長崎に原爆を投下して今年で74年目を迎える。犠牲者を悼み核兵器廃絶を願って、シュテファン広場でウィーンの複数の平和運動グループによる恒例の「広島の日」イベントが開催された。なお長崎に投下された8月9日は20時から仏教によるセレモニーが平和の仏塔(Friedenspagode 2区 Hafenzugfahrtstrasse)で開催され、ドナウ川での灯篭流しが行われる。

gekkan-wienDSCN2867.jpg

gekkan-wienDSCN2871.jpg

gekkan-wienDSCN2882.jpg

gekkan-wienDSCN2880.jpg

gekkan-wienDSCN2879.jpg

gekkan-wienDSCN2873.jpg

gekkan-wienDSCN2884.jpg

gekkan-wienDSCN2885.jpg

gekkan-wienDSCN2878_2019080709203692f.jpg

gekkan-wienDSCN2870.jpg

gekkan-wienDSCN2888.jpg

PageTop

Kibali

シェーンブルン動物園で産まれた象の女の子の名前が《キバリ》に決まった。公募で1位になった《キバリ》はコンゴを流れる川の名前。オーストリアだけでなくドイツ、英国、スペイン、ギリシャ、米国から6万以上の票が集まり、《キバリ》は40,01%、2位のスワヒリ語で世界を意味する《デュニア》は34,20%の接戦だった。《キバリ》の12枚の写真は2020年度カレンダーとなる。

gekkan-wienPA_Kibali3.jpg

gekkan-wienPA_Kibali_Kalendercover.jpg
Fotos: Daniel Zupanc

PageTop

Elefantenbaby

シェーンブルン動物園で昨日土曜2時11分、待望のゾウ♀が産まれた。南アフリカの野生のゾウ♂の冷凍精子を人工授精した。身長90㎝、体重約90㎏。27歳の母親ヌムビにとっては第3子となる。

gekkan-wienPA_Elefantenbaby1.jpg

gekkan-wienPA_Elefantenbaby2.jpg

gekkan-wienPA_Elefantenbaby3.jpg
Fotos: Daniel Zupanc

PageTop

Kobe Yamate High School

ヴォティーフ教会で2年ぶりに神戸山手女子高等学校の生徒によるクラシックコンサートが開かれ、ベルゴージ、モーツァルト、ベートーヴェンの作品、日本の歌、最後に「ウィーンわが夢の街」が演奏され、大勢の観客から盛大な拍手が送られた。
2017年のコンサートはこちらKobe Yamate High School

gekkan-wienDSCN2850.jpg

gekkan-wienDSCN2851.jpg

gekkan-wienDSCN2853.jpg

gekkan-wienDSCN2858.jpg

gekkan-wienDSCN2864.jpg

gekkan-wienDSCN2865.jpg

PageTop

Tiergarten Schönbrunn

シェーンブルン動物園で6月29日にオタリアの赤ちゃんが誕生し、今日初公開となった。現在は約12kg。母親の「ニーナ」は2014年にミュンヘン動物園からウィーンに引っ越してきた。

gekkan-wienRobbe1.jpg

gekkan-wienRobbe2.jpg

gekkan-wienRobbe3.jpg

gekkan-wienRobbe4.jpg
Fotos: Jutta Kirchner

PageTop

Jan van Eyck

ウィーン美術史博物館はキャビネット(小室)展覧会「ヤン・ファン・エイク JAN VAN EYCK 《ALS ICH CAN》」展を7月10日から10月20日まで開催。ヤン・ファン・エイク(1390年頃生~1441年没)の現存する作品は約20点しかないが、そのうちの3点を展示。オリジナル額縁絵付き油彩板絵「泉の聖母」は額縁図込みで 24.8cm x 18.1㎝、絵だけでは19x12㎝ という小サイズでありながら極めて細密に描かれている。描かれた架空の額縁には、署名《ALS ICH CAN》と《私ヤン・ファン・エイクがこの作品を1439年に完成させた》と記されている。擬似ギリシャ文字《AΛΣ · IXH · XAN》のアルファベット《ALS ICH CAN》の発音はオランダ語で《私にできる限り》の意味を持ち、これが画家のモットーになっている。詳細は月刊ウィーン9月号。
なおフランドルのゲント美術館は2020年2月10日から4月30日まで「ヤン・ファン・エイク:視覚の革命」展を開催。日本語のオーディオガイドも用意される。

gekkan-wienDSCN2800.jpg
Sabine Haag, Generaldirektorin des Kunsthistorischen Museums
Cathérine Verleysen, Direktorin des Museums der Schönen Künste Gent

gekkan-wienDSCN2815.jpg
Sabine Pénot, Kuratorin der Ausstellung

gekkan-wienDSCN2822_20190709204717286.jpg
Maximiliaan Martens, Ghent University

gekkan-wienDSCN2825.jpg
Astrid Van Ingelgom, Projektleiterin van Eyck-Jahr 2020 in Gent

gekkan-wienDSCN2842.jpg
泉の聖母(アントウェルペン王立美術館所蔵)

gekkan-wienDSCN2837.jpg
金細工師ヤン・ド・レーウ(ウィーン美術史博物館所蔵)

gekkan-wienDSCN2841.jpg
枢機卿アルベルガッティ(ウィーン美術史博物館所蔵)

gekkan-wienDSCN2844.jpg

gekkan-wienDSCN2839.jpg

gekkan-wienDSCN2832.jpg

gekkan-wienDSCN2846.jpg

PageTop

Bezirkspartnerschaft

東京都台東区とウィーン市イネレシュタット(1区)の友好30周年記念式典がウィーン1区区役所で開催され、友好提携再確認の記念調印が行われた。区庁舎中庭での歓迎はバルコニーからの吹奏楽団(橋やトンネルなどの建築に係るウィーン市29局の職員)による演奏とウィーン1区マルクス・フィーグル区長のスピーチ。区議会の会場であるフェストザールでの記念式典でフィーグル区長、服部征夫台東区区長、30年前の友好提携に調印したリヒャルト・シュミッツ元区長などのスピーチに続き、記念調印、記念品交換があり、吹奏楽団による国歌演奏、ウィーン市職員の合唱団による「祝賀の歌」「カム・アゲイン」「ウィーン、わが夢の街」が演奏された。式典終了後は区議会終了後に供される名物ソーセージが参加者にふるまわれた。その後は徒歩でグレーテ・レホール公園に移動し、植樹記念碑除幕式が行われた。

gekkan-wienDSCN2684.jpg

gekkan-wienDSCN2706.jpg

gekkan-wienDSCN2797.jpg
Markus Figl, Bezirksvorsteher Innere Stadt

gekkan-wienDSCN2709.jpg
Yukio Hattori, Bezirksvorsteher Taito

gekkan-wienDSCN2740.jpg
Richard Schmitz, Bezirksvorsteher Innere Stadt a.D.

gekkan-wienDSCN2758.jpg
Kiyoshi Koinuma, Botschafter Japan

gekkan-wienDSCN2760.jpg
Daniela Ecker-Stepp, Vorsitzende der Bezirksvertretung Innere Stadt
Takeshi Ishizuka, Vorsitzender des Bezirksparlamentes Taito

gekkan-wienDSCN2772.jpg

gekkan-wienDSCN2787.jpg

gekkan-wienDSCN2699.jpg

gekkan-wienDSCN2793.jpg

gekkan-wienDSCN2743.jpg

gekkan-wienDSCN2748.jpg

gekkan-wienDSCN2799.jpg

gekkan-wienDSCN2672.jpg

PageTop

2019年7月&8月合併号

gekkan-wien358-1.jpg
PageTop

Teezeremonie

ウィーン世界博物館で日本オーストリア友好150周年記念・裏千家茶道平和祈念献茶式が開催された。裏千家前家元で利休居士第15代の鵬雲斎千玄室さんによる平和を祈るためのお点前と、友好のためのお点前に続き、祝賀講演が行われた。会場を埋めた参加者236人全員に京都のお菓子と薄茶がふるまわれた。

gekkan-wienDSCN2575.jpg
Nationalhymnen gesungen von Yuko Mitani

gekkan-wienDSCN2577.jpg
Weltmuseum Direktor

gekkan-wienDSCN2583.jpg
Botschafter

gekkan-wienDSCN2588.jpg
Genshitsu Sen

gekkan-wienDSCN2598.jpg
Tee Zeremonie zum Gebet für den Frieden

gekkan-wienDSCN2608.jpg

gekkan-wienDSCN2617.jpg

gekkan-wienDSCN2625.jpg
Freundschafts-Teezeremonie

gekkan-wienDSCN2629.jpg
Festvortrag "Der Geist Japans : Chanoyu"

gekkan-wienDSCN2639.jpg

gekkan-wienDSCN2650.jpg

gekkan-wienDSCN2652.jpg

PageTop

Comme des Garçons

シュターツオーパーが12月8日に予定しているオペラプレミエ、オルガ・ノイヴィルト「オルランド」のコスチュームを《コム・デ・ギャルソン》が担当することになった。コムデギャルソンは日本のファッションデザイナー・川久保玲さんが1969年に設立したプレタポルテブランド。コムデギャルソンの《オルランド》コレクションは9月に開催されるパリのファッションウィークで紹介される。

PageTop

Rembrandt

今年はレンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン(1606年7月15日ネーデルラント・ライデン生~1669年10月4日アムステルダム没)の没後350年にあたり、ウィーン造形美術アカデミーの絵画ギャラリーと銅版画キャビネットの所蔵品を展示する『ライフライン―造形美術アカデミーの美術コレクションにおけるレンブラント』を、ゲストとして劇場博物館において6月19日から9月22日まで開催。銅版画キャビネット所蔵のレンブラントのオリジナルエッチング170点の中から自画像、乞食の絵、老母の肖像など37点を展示。開館は火曜日を除く毎日10時から18時。

gekkan-wienDSCN2491.jpg
Julia M. Nauhaus, Direktorin

gekkan-wienDSCN2493.jpg
Wolfgang Cortjaens, Kurator

gekkan-wienDSCN2495.jpg

gekkan-wienDSCN2522.jpg

gekkan-wienDSCN2501.jpg

gekkan-wienDSCN2499.jpg

gekkan-wienDSCN2505.jpg

gekkan-wienDSCN2519.jpg

gekkan-wienDSCN2500.jpg

gekkan-wienDSCN2497.jpg

gekkan-wienDSCN2518.jpg

gekkan-wienDSCN2513.jpg

PageTop

Malyj Trostenez

新王宮のオーストリア歴史の家は巡回特別展『マリィ・トロステネツ絶滅収容所 歴史と記憶』を6月14日から10月27日まで開催。入場料無料。マリィ・トロステネツ絶滅収容所はナチス・ドイツがベラルーシのミンスクに設置し、1942年から1944年の間にここで5万5千人以上の人々が殺害された。うち約1万人がオーストリアのユダヤ人で、アウシュヴィッツ収容所以外でこれほど多くのオーストリア人が犠牲になった収容所は他にないが、長らく忘れ去られていた。ドイツ、スイス、チェコ、ベラルーシの巡回展で、オーストリアの部は「オーストリア歴史の家」主催、「ウィーン・シモン・ヴィ―ゼンタール・ホロコースト研究所 VWI 」と「オーストリア抵抗運動記録資料館 DÖW 」が協力。
「オーストリア歴史の家 Haus der Geschichte Östereich」 Neue Burg, Heldenplatz, 1010 Wien : 開館は火曜から日曜10時~18時。木曜10時~21時。月曜定休。入館料大人8ユーロ。7月と8月は毎週木曜18時から21時まで入館料無料。巡回特別展は無料。

gekkan-wienDSCN2441.jpg
Monika Sommer, hdgö-Direktorin

gekkan-wienDSCN2430.jpg

gekkan-wienDSCN2436.jpg

gekkan-wienDSCN2452.jpg

gekkan-wienDSCN2458.jpg

gekkan-wienDSCN2460.jpg

gekkan-wienDSCN2461.jpg

gekkan-wienDSCN2465.jpg

gekkan-wienDSCN2469.jpg

gekkan-wienDSCN2485.jpg

gekkan-wienDSCN2470.jpg

gekkan-wienDSCN2486.jpg

PageTop

Sommernachtsgala

グラフェネック野外コンサート「夏のガラ」が佐渡裕指揮トーンキュンストラー・オーケストラ、ソーニャ・ヨンチェヴァ(ソプラノ)、ルドヴィク・テジエ(バリトン)、エマニュエル・チェクナヴォリアン(ヴァイオリン)出演で開催された。

gekkan-wienDSCN2369.jpg

gekkan-wienDSCN2405.jpg

gekkan-wienDSCN2411.jpg

gekkan-wienDSCN2402_201906150510251ec.jpg

gekkan-wienDSCN2414.jpg

gekkan-wienDSCN2396.jpg

gekkan-wienDSCN2385.jpg

PageTop

Papyrusmuseum

オーストリア国立図書館内のパピルス博物館は特別展『In vino veritas 古代エジプトのワイン』を6月14日から2020年1月12日まで開催。ワイン文化を伝える3000年前の資料を含め、ファラオ時代からアラビア時代まで、70点以上を出品。

gekkan-wienDSCN2332.jpg

gekkan-wienDSCN2289.jpg

gekkan-wienDSCN2338.jpg

gekkan-wienDSCN2353.jpg

gekkan-wienDSCN2342.jpg

gekkan-wienDSCN2344.jpg

gekkan-wienDSCN2348.jpg

gekkan-wienDSCN2364.jpg

gekkan-wienDSCN2358.jpg

gekkan-wienDSCN2366.jpg

PageTop

Haas-Haus

ウィーン建築センター はオーストリアを代表する建築家ハンス・ホライン(1934–2014))の生誕85周年を記念して特別展「ハンス・ホラインのハース・ハウス」を6月13日から8月19日まで開催。シュテファン大聖堂の斜め前にある《ハース・ハウス》はハンス・ホラインが設計し1990年に完成したが、当時の斬新なデザインは論議を呼んだ。2012年から文化財指定。資料は2016年にオーストリア国有となってMAK(オーストリア応用美術博物館)によって管理され、多くはウィーン建築センターに貸与されて学術的に研究されている。本展ではホラインのアトリエにおけるワークプロセスや模型などを展示。

gekkan-wienDSCN2256.jpg

gekkan-wienDSCN2258.jpg
Mechthild Ebert, Kuratorin

gekkan-wienDSCN2272.jpg

gekkan-wienDSCN2277.jpg

gekkan-wienDSCN2281.jpg

gekkan-wienDSCN2267.jpg

gekkan-wienDSCN2264.jpg

gekkan-wienDSCN2283.jpg

gekkan-wienDSCN2284.jpg

gekkan-wienDSCN2261.jpg

PageTop

Freydal

シュテファン・クラウゼ Stefan Krause 著「フライダール 中世のゲーム Freydal. Medieval Games」がタッシェン出版 TASCHEN Verlag から発行された。 《フライダール》とは中世後期の騎士の試合などを描いた豪華なイラスト本で、ウィーン美術史博物館所蔵。ユネスコ世界の記憶に登録されている遺産。16世紀初めに神聖ローマ皇帝マキシミリアン1世の注文で制作された。2019年はマキシミリアン1世没後500年にあたり、オリジナル本のコピーが解説付きで初めて発刊された。

gekkan-wienDSCN2247.jpg

gekkan-wienDSCN2245.jpg
Stefan Krause, Autor

gekkan-wienDSCN2169.jpg
Sabine Haag, Generaldirektorin

gekkan-wienDSCN2203.jpg

gekkan-wienDSCN2208.jpg

gekkan-wienDSCN2212.jpg

PageTop

Kondo Tsuneyasu (2)

近藤常恭著「ウィーンの街の物語」は6月11日よりウィーンで発売。定価18ユーロ。
販売店は日本食品店「日本屋」Faulmanngasse 5, 1040 Wien

gekkan-wienDSCN2121_20190610002657065.jpg

gekkan-wienDSCN2131_20190610002659a26.jpg

gekkan-wienDSCN2142.jpg

gekkan-wienDSCN2145.jpg

gekkan-wienDSCN2155.jpg

gekkan-wienDSCN2158.jpg

gekkan-wienDSCN2156.jpg

gekkan-wienDSCN2164.jpg

gekkan-wienDSCN2160.jpg

gekkan-wienDSCN2161.jpg

gekkan-wienDSCN2163.jpg

gekkan-wienDSCN2004.jpg

gekkan-wienDSCN1989_20190610002716e43.jpg

gekkan-wienDSCN1926.jpg

gekkan-wienDSCN2079.jpg

gekkan-wienDSCN1923.jpg

PageTop

Kondo Tsuneyasu (1)

ウィーン在住のエッセイストで実業家・近藤常恭さんによる日本語新刊書「古都のアラカルト ウィーンの街の物語(上)」の出版記念会がウィーンの伝統カフェハウスで開催された。同書より「春の嵐:タマゴとウサギの物語」「塩の棒:人はパンのみにて」「丸干し裁判:電信柱と郵便ポスト」「モーツァルトと食べ物:天才も人の子」の4題が、野澤拓郎さんの司会進行で、藤原治道さん(声楽家)により朗読され、それぞれのテーマにふさわしい楽曲(シュトルツ:プラーターの樹々はふたたび花咲き、シュトルツ:ウィーンは春が一番、モーツァルト:すみれ)が日野妙果さん(メゾソプラノ)、三辻ランデル宏美さん(ピアノ)により演奏された。

gekkan-wienDSCN1973.jpg
Kondo Tsuneyasu

gekkan-wienDSCN2015.jpg

gekkan-wienDSCN1968.jpg
Nozawa Takurou

gekkan-wienDSCN1960_201906100022150f2.jpg
Fijiwara Harumichi

gekkan-wienDSCN1928.jpg
Mitsuji-Landerl Hiromi, Hino Taeka

gekkan-wienDSCN2006.jpg

gekkan-wienDSCN2074.jpg

gekkan-wienDSCN2081_201906100022211c4.jpg

gekkan-wienDSCN2007.jpg

gekkan-wienDSCN2061.jpg

gekkan-wienDSCN2077.jpg

gekkan-wienDSCN2087.jpg

gekkan-wienDSCN2107.jpg

gekkan-wienDSCN2095.jpg

gekkan-wienDSCN1998.jpg

gekkan-wienDSCN1981.jpg

PageTop

We are walking on

国連世界環境デー(6月5日)2019のテーマソング『We Are Walking On』の音楽プロジューサー八木禎治さんが、国連ウィーン支部でスピーチとライヴパフォーマンスを行った。八木さんは米国ロサンゼルスを拠点に活動するレコーディングエンジニア・プロジューサーで、グラミー賞を2つ受賞している。北九州市文化大使。

gekkan-wienDSCN1833.jpg
Martin Nesirky, Director, United Nations Information Service (UNIS) Vienna

gekkan-wienDSCN1836.jpg
Dennis Thatchaichawalit, Deputy Director-General UNOV

gekkan-wienDSCN1850.jpg
Harald Egerer, Head, UN Environment Vienna Office

gekkan-wienDSCN1858.jpg
Waltraud Petek, Federal Ministry of Sustainability and Tourism, Austria

gekkan-wienDSCN1862.jpg
Sonja Gebert, UN Environment Vienna Office

gekkan-wienDSCN1870.jpg
Sadaharu Yagi, Goodwill Ambassador of the City of Kitakyushu (Japan)
US Grammy Award and Latin Grammy Award Winner

gekkan-wienDSCN1877.jpg
Federico Ferrandina, Italian music artist and guitarist

gekkan-wienDSCN1879.jpg
Sadaharu Yagi, Los Angeles based Grammy Award Winner, music producer, songwriter

gekkan-wienDSCN1881_20190610014437b9b.jpg
Azzurra, Berlin based Italian singer

gekkan-wienDSCN1891.jpg
Live performance of the song “We are walking on”

gekkan-wienDSCN1899.jpg
Jorge Rios, Chief, Global Programme to Combat Wildlife and Forest Crime

gekkan-wienDSCN1902.jpg
Alois Mhlanga, Chief, Climate Technology and Innovation Division, UNIDO

gekkan-wienDSCN1919.jpg
Eduardo Alvarez and Caroline Wenninge, Presidents of AIESEC Austria 2018-2020

gekkan-wienDSCN1920.jpg
Nathan Spees and young team members of WWF-Austria

PageTop

Kiki Smith

ベルヴェデーレ下宮は「キキ・スミス プロセッション KIKI SMITH. PROCESSION」を6月7日から9月15日まで開催。キキ・スミス(1954年ドイツ・ニュルンベルク生)はニューヨーク在住の米国のアーチスト。

gekkan-wienDSCN1805.jpg
Kiki Smith

gekkan-wienDSCN1767.jpg

gekkan-wienDSCN1769.jpg
Stella Rollig, Generaldirektorin des Belvedere

gekkan-wienDSCN1787_20190607060116e3c.jpg
Petra Giloy-Hirtz, Kuratorin der Ausstellung.

gekkan-wienDSCN1828.jpg

gekkan-wienDSCN1824.jpg

gekkan-wienDSCN1812.jpg

gekkan-wienDSCN1815_20190607060122034.jpg

gekkan-wienDSCN1819.jpg

gekkan-wienDSCN1820.jpg

gekkan-wienDSCN1765.jpg

PageTop

Dahinschmelzen

自然史博物館は特別展「溶解。気候変動の証人としての氷河 Dahinschmelzen. Gletscher als Zeugen des Klimawandels」を6月5日から9月1日まで開催。気候変動の結果として山火事や洪水、氷河の溶解など自然破壊の危機に直面し2008年に創設されたプロジェクト・プレッシャー財団が世界で活躍するアーチストに委託した作品を展示。

gekkan-wienDSCN1713.jpg

gekkan-wienDSCN1734_201906050623042ed.jpg
Lina Aastrup, Kuratorin der Ausstellung Dahinschmelzen

gekkan-wienDSCN1748.jpg

gekkan-wienDSCN1745.jpg

gekkan-wienDSCN1741.jpg

gekkan-wienDSCN1740.jpg

gekkan-wienDSCN1742.jpg

gekkan-wienDSCN1750.jpg

PageTop

2019年6月号

gekkan-wien357-1.jpg
PageTop

Haus der Musik

ハウス・デア・ムジーク(音楽の家)は中庭の小室で特別展「ノイエ・ヴィーナー・リーダー Neue Wiener Lieder」を5月31日から10月13日まで開催。ウィーン訛りのドイツ語で歌う伝統的なウィーン歌謡《ヴィーナー・リート》にロックやポップなどの新しいリズムを加え、皮肉とユーモア、社会風刺と批判を含ませた《新しいヴィーナー・リート》の最近50年の歴史を紹介する。中庭展示は入場無料。開館は毎日10時から22時まで。

gekkan-wienDSCN1677.jpg

gekkan-wienDSCN1680.jpg
Simon Posch, Haus der Musik-Direktor

gekkan-wienDSCN1704.jpg
Klaus Totzker, Kurator & Ernst Molden

gekkan-wienDSCN1688.jpg

gekkan-wienDSCN1709.jpg

gekkan-wienDSCN1676.jpg

gekkan-wienDSCN1675.jpg

PageTop

Café As

ユダヤ博物館 Jüdisches Museum Wien は特別展「Café As シモン・ヴィ―ゼンタールの生残」を5月28日から2020年1月12日まで開催。ヴィ―ゼンタール(1908-2005)はマウトハウゼン強制収容所で知り合ったポーランド人政治囚エドムント・スタニセヴスキ(1909-1984)に食事を分けてもらうなどして助けられた。終戦が間近いことを予感したエドムントの夢は故郷でカフェをオープンすることだった。建築家のヴィ―ゼンタールはエドムントに頼まれてカフェの外装、内装、給仕の制服、宣伝ポスターの下絵を制作。最初のスケッチは収容所内で完成し、残りは収容所解放後の数週間で完成した。しかしカフェが完成することはなかった。1984年エドムント亡き後は行方不明とされたスケッチ集が最近見つかり、ウィーンのユダヤ博物館に寄贈された。開館は日曜から金曜の10時から18時。土曜定休。入館料はユダヤ広場博物館込みで大人12ユーロ。

gekkan-wienDSCN1650.jpg

gekkan-wienDSCN1651.jpg

gekkan-wienDSCN1652.jpg

gekkan-wienDSCN1657_20190530013253148.jpg

gekkan-wienDSCN1660.jpg

gekkan-wienDSCN1665.jpg

PageTop

Orfeo & Majnun

インターカルチャーのプロジェクトで音楽劇「オルフェオとマイヌン」が、ウィーン・コンツェルトハウス主催で実施される。ワークショップはウィーン市内13の区の38カ所で開催。6月7日と8日はストリートアート・フェスト、6月10日はコンツェエルトハウス大ホールで音楽劇&パーコースが公演される。

gekkan-wienDSCN1638.jpg

gekkan-wienDSCN1649.jpg

PageTop

Vienna Biennale

今年のヴィエナ・ビエンナーレ Vienna Biennale for Change 2019 は5月29日から10月6日まで開催。応用美術博物館MAKでは「UNCANNY VALUES」「MAK DESIGN LAB」「KLIMAWANDEL!」「SPACE AND EXPERIENCE」「FUTURE FACTORY」、応用美術大学では「CHANGE WAS OUR ONLY CHANCE」、クンストハレ(MQとカールスプラッツ)「HYSTERICAL MINING」、建築センター(MQ)「Changing Values」の他、スロヴァキアのブラティスラヴァではデザインギャラリーで「Human by Design」が催される。コンビチケット(5月29日~10月6日)はクンストハレとMAKで16ユーロ。

gekkan-wienDSCN1601.jpg

gekkan-wienDSCN1627_20190530012851613.jpg

gekkan-wienDSCN1623.jpg

gekkan-wienDSCN1626.jpg

gekkan-wienDSCN1633.jpg

gekkan-wienDSCN1632.jpg

gekkan-wienDSCN1628.jpg

PageTop

Mozarthaus Vienna

ウィーンで唯一現存するモーツァルトの住居《モーツァルトハウス・ヴィエナ》は父レオポルト・モーツァルト(1719-1787)生誕300年を記念して、ウィーン美術史博物館古楽器コレクションが2000年から所蔵しているレオポルト・モーツァルトのオリジナル・ヴァイオリンを5月27日から6月23日まで特別展示。1785年1月15日と2月12日にモーツァルトが父レオポルトと共に、ヨーゼフ・ハイドンに捧げた6曲の弦楽四重奏曲(KV387, 421, 428, 458, 464, 465)を演奏した部屋に展示されている。開館は毎日10時から19時。入館料大人11ユーロ。

gekkan-wienDSCN1512.jpg

gekkan-wienDSCN1529.jpg
Gerhard Vitek, geschäftsführender Direktor des Mozarthaus Vienna

gekkan-wienDSCN1540.jpg
Kurt Gollowitzer, Geschäftsführer der Wien Holding

gekkan-wienDSCN1552.jpg
Rudolf Hopfner, Direktor Sammlung alter Musikinstrumente im KHM Wien

gekkan-wienDSCN1511.jpg

gekkan-wienDSCN1514.jpg

gekkan-wienDSCN1565.jpg

gekkan-wienDSCN1567.jpg

gekkan-wienDSCN1555.jpg


PageTop

High Moon

技術博物館は特別展「ハイ・ヌーン ウィーン技術博物館における月面着陸50周年」を5月28日から10月6日まで開催。1969年7月に米国のアームストロング宇宙飛行士が人類初の月面着陸を果たしてから今年は50年を迎える。ウィーン技術博物館はアポロ計画のモデルなどを展示。50年前に実況テレビの前に釘付けになったウィーンの普通の家庭のモデルルームも懐かしい。www.technischesmuseum.at/ausstellung/high-moon なお 展示のほかに6月28日からオンラインで「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」も公開する。www.mediathek.at/mondlandung

gekkan-wienDSCN1437.jpg
Gabriele Zuna-Kratky, Generaldirektorin

gekkan-wienDSCN1443.jpg
Christian Klösch, Projektleiter

gekkan-wienDSCN1467.jpg

gekkan-wienDSCN1453.jpg

gekkan-wienDSCN1454.jpg

gekkan-wienDSCN1451.jpg

gekkan-wienDSCN1472.jpg

gekkan-wienDSCN1450.jpg

gekkan-wienDSCN1471.jpg

gekkan-wienDSCN1479.jpg

PageTop

Edmund Kalb

レオポルト美術館は特別展「エドムント・カルプ」を5月24日から8月18日まで開催。オーストリアの画家エドムント・カルプ(1900年ドルンビルン生~1952年ドルンビルン没)の自画像を主とした作品など合計125点を展示。

gekkan-wienDSCN1338.jpg

gekkan-wienDSCN1353.jpg
Rudolf Sagmeister, Kurator

gekkan-wienDSCN1377.jpg

gekkan-wienDSCN1379.jpg

gekkan-wienDSCN1381.jpg

gekkan-wienDSCN1378.jpg

gekkan-wienDSCN1382.jpg

gekkan-wienDSCN1380.jpg

PageTop

Olga Wisinger-Florian

レオポルト美術館は特別展「オルガ・ヴィージンガー=フロリアン モデルネのフラワー・パワー」を5月24日から10月21日まで開催。花を題材にした作品で知られるオーストリアの画家ヴィージンガー=フロリアン(1844年ウィーン生~1927年グラフェネック没)は19世紀半ばの男性優位の芸術界にあってプロの女性画家として活躍しただけでなく、女性の権利を主張して国際平和会議にも参加した。今回の回顧展は絵画70点をはじめ写真など含めて合計120点を展示している。レオポルト美術館の開館は火曜を除く毎日10時から18時まで。木曜は10時から21時まで。6月、7月、8月は毎日開館。入館料大人14ユーロ。

gekkan-wienDSCN1339.jpg

gekkan-wienDSCN1348.jpg
Maianne Hussl-Hörmann, Kuratorin

gekkan-wienDSCN1357.jpg

gekkan-wienDSCN1383.jpg

gekkan-wienDSCN1367.jpg

gekkan-wienDSCN1370.jpg

gekkan-wienDSCN1362.jpg

gekkan-wienDSCN1375.jpg

gekkan-wienDSCN1359.jpg

PageTop

Oberes Belvedere

ベルヴェデーレ上宮は企画展シリーズ《IM BLICK》の「瞬間をとらえる。オイルスケッチの魅惑 Spontan erfasst. Faszination Ölskizze」を5月23日から9月8日まで開催。ベルヴェデーレ所蔵の、ティーナ・ブラウ、カスパー・ダヴィド・フリードリヒ、テオドール・フォン・ヘルマン、エルンスト・クリムト、ハンス・マカルト、コロマン・モーザー、アントン・ロマコ、エミル・ヤコプ・シンドラー、アダルベルト・シュティフタ―、オルガ・ヴィジンガー=フロリアンなど27人の画家の作品56点を3室に展示する。開館は毎日9時から18時。金曜は9時から21時。上宮の入館料大人16ユーロ。

gekkan-wienDSCN1321.jpg

gekkan-wienDSCN1324.jpg

gekkan-wienDSCN1322.jpg

gekkan-wienDSCN1325.jpg

gekkan-wienDSCN1327.jpg

gekkan-wienDSCN1333.jpg

gekkan-wienDSCN1330.jpg

gekkan-wienDSCN1331.jpg

gekkan-wienDSCN1329.jpg

PageTop

Susanne Kühn

劇場博物館のゲスト展示室(ウィーン造形美術アカデミー絵画館)で「ボッシュ&キューン Susanne Kühn: Beastville」を5月17日から8月25日まで開催。ゲスト展示室にあるヒエロニムス・ボッシュの三連祭壇画「最後の審判」にインスピレーションを得た現代アーチストの作品を、ボッシュ祭壇画の近くに展示するシリーズのひとつで、今回はドイツのアーチスト、スザンネ・キューンの2019年の作品「Beastville 野獣の街」と「Robota II ロボット2」の2点を展示。「ロボット2」に描かれた水流はキューンが米国留学中に知った北斎の版画の影響を受けている。

gekkan-wienDSCN1259a.jpg

gekkan-wienDSCN1212.jpg
Susanne Kühn

gekkan-wienDSCN1206.jpg
Julia M. Nauhaus, Kuratorin

gekkan-wienDSCN1222.jpg
Susanne Kühn : Beastville, 2019

gekkan-wienDSCN1240.jpg
Susanne Kühn : Robota II, 2019

gekkan-wienDSCN1219.jpg

PageTop

Hermann Nitsch

アルべルティーナ美術館はオーストリアを代表する国際的なアーチストであるヘルマン・二ッチュの絵画を展示する特別展「NITSCH Räume aus Farbe」を5月17日から8月11日まで開催。ニッチェの作品はアクション、パフォーマンス、マルチメディアという総合的で広範囲のジャンルに及ぶが、今回の特別展は彼の作品の一部としての絵画ではなくて、彼の絵画そのものを考察する。開館は毎日10時から18時まで。水曜と金曜は10時から21時まで。入館料大人16ユーロ。19歳以下は無料。

gekkan-wienDSCN1130.jpg

gekkan-wienDSCN1143.jpg
Hermann Nitsch (1938年8月29日ウィーン生れ)

gekkan-wienDSCN1134.jpg
Elsy Lahner, Kratorin

gekkan-wienDSCN1162.jpg

gekkan-wienDSCN1170.jpg

gekkan-wienDSCN1172.jpg

gekkan-wienDSCN1173.jpg

gekkan-wienDSCN1177.jpg

gekkan-wienDSCN1179.jpg

gekkan-wienDSCN1174.jpg

gekkan-wienDSCN1187.jpg

gekkan-wienDSCN1192.jpg

gekkan-wienDSCN1196.jpg

gekkan-wienDSCN1198.jpg

PageTop

150 Jahre Ballett

劇場博物館 Theatermuseum (Palais Lobkowitz, 1区Lobkowitzplatz 2)は特別展「爪先は踊る ウィーン・シュターツオーパーのバレエ団150周年」を5月16日から2020年1月13日まで開催。カイザーの時代から20世紀を経て現代に至るまで、ウィーンのバレエ・アンサンブルの歴史を8つのセクションに分けて展示する。開館は火曜日を除く毎日10時から18時まで。大人入館料12ユーロ。19歳以下は無料。

gekkan-wienDSCN1039.jpg

gekkan-wienDSCN1037a.jpg
Thomas Trabitsch, Direktor des Theatermuseums

gekkan-wienDSCN1041.jpg
Andrea Amort, Kuratorin

gekkan-wienDSCN1046a.jpg
Rebecca Horner, Solotänzerin des Wiener Staatsballetts

gekkan-wienDSCN1057.jpg
Susanne Kirnbauer, 1972–86 1.Solotänzerin des Wiener Staatsopernballetts

gekkan-wienDSCN1061a.jpg

gekkan-wienDSCN1062.jpg

gekkan-wienDSCN1066.jpg

gekkan-wienDSCN1097.jpg

gekkan-wienDSCN1077.jpg

gekkan-wienDSCN1080.jpg

gekkan-wienDSCN1084.jpg

gekkan-wienDSCN1087.jpg

PageTop

Prunkstall des Belvedere

ベルヴェデーレ下宮のプルンクシュタールで、シュテファン大聖堂に飾られた中世の石像6体のオリジナルを展示。1359年から1365年頃にルードルフ4世のもとでシュテファン教会が増改築された時に制作された彫像で、1858年と1870/71年の修復時にコピーが作られ、オリジナルはウィーン市立博物館に移管された。現在シュテファン大聖堂にあるのはコピーである。プルンクシュタールにおけるオリジナルの公開は5月14日から、現在改装中のウィーン博物館の工事終了時まで。展示されているのはルードルフ4世と王妃カタリーナ、両親のアルブレヒト2世と王妃世ヨハンナ、神聖ローマ帝国皇帝カール4世と皇妃である。

gekkan-wienDSCN1009.jpg
Veronika Pirker-Aurenhammer, Kuratorin

gekkan-wienDSCN1001.jpg

gekkan-wienDSCN1025.jpg

gekkan-wienDSCN1014.jpg

gekkan-wienDSCN1017.jpg

PageTop

grey time

ウィーン美術史博物館のアンティークコレクション展示室で、イェレミアス・アルトマンとアンドレアス・タンツァーの二人の若きウィーンのアーチストのコラボ作品シリーズ「グレイ・タイム」を5月14日から10月20日まで展示。開館は5月は火曜から日曜まで、6月7月8月は毎日10時から18時まで、木曜10時から21時まで。入館料16ユーロ。

gekkan-wienDSCN0976.jpg
左から: Jeremias Altmann, Künstler  Barbara Herbst, Kuratorin
Georg Plattner, Direktor Antikensammlung  Andreas Tanzer, Künstler

gekkan-wienDSCN0997.jpg

gekkan-wienDSCN0994.jpg

gekkan-wienDSCN0992.jpg

gekkan-wienDSCN0993.jpg

gekkan-wienDSCN0986.jpg

gekkan-wienDSCN0988.jpg

gekkan-wienDSCN0998.jpg

PageTop

150 Jahre Opernhaus

ウィーンのシュターツオーパー(オペラ座)は今年で創立150周年を迎える。リング通りに面したオペラ座は1869年5月25日、モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」でオープンした。本日、記念プログラムが発表された。日本からは全日空もスポンサーとなり、複数の記念出版、CDボックスやDVDボックス、オペラ座内での展覧会、ORFオーストリア放送のテレビやラジオでの特別番組などのほか、来る5月25日は10時から「誕生日マチネ」、17時半からリヒャルト・シュトラウス「影のない女」(クリスティアン・ティーレマン指揮/ヴァンサン・ユゲ演出/スティーヴン・グールド、ニーナ・ステメ主演)のプレミエ、5月26日20時半からはオペラ座横広場で記念ライヴコンサート(ニーナ・ステメ、エルヴィン・シュロット、ロベルト・アラーニャ&アレクサンドラ・クルザク、ヨナス・カウフマンなど出演)があり、この時間帯はオペラ座前のリング通りは閉鎖される。オーストリア国内のみならずヨーロッパ各国でも特別番組があり、モスクワでは5月23日から25日まで360度ヴァーチャルリアリティーヴィデオでパブリックヴュ―イングが開催される。

gekkan-wienDSCN0860.jpg

gekkan-wienDSCN0837.jpg
Dominique Meyer, Direktor der Wiener Staatsoper

gekkan-wienDSCN0847.jpg
Oliver Rathkolb, Universität Wien

gekkan-wienDSCN0872.jpg

gekkan-wienDSCN0869.jpg

gekkan-wienDSCN0904.jpg

gekkan-wienDSCN0897.jpg

gekkan-wienDSCN0910.jpg

PageTop

Dritte Mann Museum

第二次大戦直後のウィーンを舞台にした映画「第三の男」は1949年9月にロンドンで初公開された。今年70周年を迎えるにあたり、第三の男ミュージアムでは5月11日から2020年1月4日まで記念展を開催する。本日は第三の男ミュージアムの創設者で館長のカリンさんとゲアハルトさん、ウィーン観光局局長、在オーストリア英国大使がオープニングスピーチを行い、コルネリア・マイヤーさんがチターを演奏した。
第三の男ミュージアムは毎週土曜日14時から18時まで開館。

gekkan-wienDSCN0821.jpg

gekkan-wienDSCN0775.jpg
Karin Höfler

gekkan-wienDSCN0786.jpg
Gerhard Strassgschwandtner

gekkan-wienDSCN0796.jpg
Norbert Kettner, Direktor WienTourismus

gekkan-wienDSCN0809.jpg
Leigh Turner, Britischer Botschafter in Österreich

gekkan-wienDSCN0792.jpg
Cornelia Mayer

gekkan-wienDSCN0824.jpg

gekkan-wienDSCN0829.jpg

gekkan-wienDSCN0833.jpg

gekkan-wienDSCN0830.jpg

gekkan-wienDSCN0831.jpg

gekkan-wienDSCN0769.jpg

gekkan-wienDSCN0768.jpg

gekkan-wienDSCN0835.jpg

PageTop

Museum Judenplatz

ユダヤ広場博物館は特別展「ペンを持った3人 Die drei mit dem Stift. Lily Renée, Bil Spira und Paul Peter Porges」を5月8日から11月17日まで開催。ウィーン生まれのユダヤ人の子供としてウィーンで育った3人(リリー1921年生まれでニューヨーク在住、ビル1913-1999、パウル1927-2016)は1938年のドイツによるオーストリア併合により若くして亡命せざるをえなかった。彼らはペンをとりコミックやイラストを描き、やがて成功する。その3人の経歴や作品を紹介する。開館は日曜から木曜の10時から18時まで。金曜の10時から17時まで。土曜は定休。入館料はユダヤ博物館と共通で大人12ユーロ。18歳以下は無料。

gekkan-wienDSCN0753.jpg
Sabine Bergler, Michael Freund キュレータ  Danielle Spera 館長

gekkan-wienDSCN0736.jpg

gekkan-wienDSCN0758.jpg

gekkan-wienDSCN0759.jpg

gekkan-wienDSCN0748.jpg

gekkan-wienDSCN0743.jpg

gekkan-wienDSCN0745.jpg

gekkan-wienDSCN0749.jpg

gekkan-wienDSCN0757.jpg

gekkan-wienDSCN0765.jpg

PageTop

2019年5月号

gekkan-wien356-1.jpg
PageTop

Musikverein Ausstellung

楽友協会は展示室にて「日本におけるオーストリアの音楽・オーストリアにおける日本の音楽」を4月26日から6月22日まで開催。日墺友好150周年記念の今年、日本とオーストリアの音楽交流史に焦点を当てて楽友協会アーカイヴの貴重な歴史コレクションを展示している。詳細5月号。

gekkan-wienDSCN0685.jpg

gekkan-wienDSCN0713.jpg

gekkan-wienDSCN0683.jpg

gekkan-wienDSCN0707.jpg

gekkan-wienDSCN0702.jpg

PageTop

Welttag des Pinguins

4月25日は世界ペンギン・デー。シェーンブルン動物園ではこの4月にイワトビペンギン7羽が孵化した。

gekkan-wienPA_Felsenpinguin1.jpg

gekkan-wienPA_Felsenpinguin2.jpg

gekkan-wienPA_Felsenpinguin3.jpg

gekkan-wienPA_Felsenpinguin4.jpg
Fotos: Daniel Zupanc

PageTop

Volksoper 2019/20

フォルクスオーパーの新シーズン 2019/2020 のプログラムが発表された。オペレッタのプレミエはオッフェンバック「ニンジンの王様」2019年11月23日、ヨハン・シュトラウス「ジプシー男爵」2020年2月29日、オペラのプレミエはマリウス・フェリックス・ランゲ「カンタヴィルの幽霊」2019年10月18日、ムソルグスキー「ボリス・ゴドゥノフ」2020年5月2日、ミュージカルのプレミエは「キャバレー」2019年9月14日、「ブリガドーン」2019年12月1日など。

gekkan-wienDSCN0672.jpg

gekkan-wienDSCN0674.jpg
Robert Meyer, Direktor

PageTop

Der erste Bösendorfer

1869年の日墺修好通商航海条約締結時にオーストリア・ハンガリー二重帝国から明治天皇に献呈されたベーゼンドルファー社製のグランドピアノと同じモデルのピアノ(Konzert-Flügel Ludwig Bösendorfer Wien 1874)を使って、1869年10月21日の皇居における最初のピアノコンサートを再現すべく、その時演奏されたヨハン・シュトラウス「アンネンポルカ」、メンデルスゾーン「ヴェネチアのゴンドラの歌」などのほか、日本初の音楽留学生《幸田延 1870-1946》がウィーンで作曲したソナタなどを演奏するコンサートが、明日24日ウィーン楽友協会ブラームスザールで開催される。コンサートに先立ち、楽友協会資料室のオットー・ビバ室長による講演が行われる。月刊ウィーン編集部はコンサート前日のプローベを取材した。

gekkan-wienDSCN0652.jpg
    Zvi Meniker (Konzertflügel)   Maria Bader-Kubizek (Violine)

gekkan-wienDSCN0656.jpg

gekkan-wienDSCN0661_201904240004305ae.jpg

gekkan-wienDSCN0664_20190424000432d77.jpg

PageTop

Ostermarkt

もうじき復活祭をむかえるウィーンでは市内数カ所で復活祭マーケットがにぎわっている。場所と時間は4月号9頁参照。

gekkan-wienIMAG1142.jpg

gekkan-wienIMAG1133.jpg

gekkan-wienIMAG1129.jpg

gekkan-wienIMAG1130.jpg

gekkan-wienIMAG1135.jpg

gekkan-wienIMAG1137.jpg

gekkan-wienIMAG1140.jpg

gekkan-wienIMAG1141.jpg

gekkan-wienIMAG1145.jpg

PageTop

2019年4月号

gekkan-wien355-1.jpg
PageTop