GEKKAN-WIEN ウィーン日誌

平成元年創刊 ウィーン現地オリジナル取材と編集「月刊ウィーン GEKKAN-WIEN 」編集長が綴る

Café As

ユダヤ博物館 Jüdisches Museum Wien は特別展「Café As シモン・ヴィ―ゼンタールの生残」を5月28日から2020年1月12日まで開催。ヴィ―ゼンタール(1908-2005)はマウトハウゼン強制収容所で知り合ったポーランド人政治囚エドムント・スタニセヴスキ(1909-1984)に食事を分けてもらうなどして助けられた。終戦が間近いことを予感したエドムントの夢は故郷でカフェをオープンすることだった。建築家のヴィ―ゼンタールはエドムントに頼まれてカフェの外装、内装、給仕の制服、宣伝ポスターの下絵を制作。最初のスケッチは収容所内で完成し、残りは収容所解放後の数週間で完成した。しかしカフェが完成することはなかった。1984年エドムント亡き後は行方不明とされたスケッチ集が最近見つかり、ウィーンのユダヤ博物館に寄贈された。開館は日曜から金曜の10時から18時。土曜定休。入館料はユダヤ広場博物館込みで大人12ユーロ。

gekkan-wienDSCN1650.jpg

gekkan-wienDSCN1651.jpg

gekkan-wienDSCN1652.jpg

gekkan-wienDSCN1657_20190530013253148.jpg

gekkan-wienDSCN1660.jpg

gekkan-wienDSCN1665.jpg
関連記事

PageTop